« セイロ酒家「五道口(ウータオコウ)」 | トップページ | 文化祭終わって、次は・・・ »

2009年10月31日 (土)

サークルK『がんばる男のへしこ醤油竜田弁当』

サークルK『がんばる男のへしこ醤油竜田弁当』
サークルK『がんばる男のへしこ醤油竜田弁当』
サークルK『がんばる男のへしこ醤油竜田弁当』

 
コンビニ弁当はめったに食べないとのしたですが気になるお弁当があったので食べてみました
 
 
福井県立大学Presents
サークルKサンクス
 
『がんばる男のへしこ醤油竜田弁当』
 
 
地産地消にのっとり地元の食材にこだわったお弁当です
 
しかも大好きなカラ揚げ
 
正確には竜田揚げですが、、、
 
 
 
箸休め的なお惣菜達はどれも薄めの上品な味わい
 
メインの竜田はジューシーでボリュームたっぷり
 
ご飯も美味しかったですが、せっかく美味しいんだからゆかりは要らなかったかな
説明書にも書いてあるとおり、無きゃ無いで彩りが淋しい気もするけどネ
 
あっ、へしこ醤油とのことですがへしこの独特な風合いは出ていませんでした
竜田揚げで使う醤油の量ではそもそも出ないと思うし、そこは狙ってもいないんだろうけど、へしこ好きの人がコノ商品名を見ると少なからず期待しちゃうと思うので・・・
オイラもその一人です
 
 
 
総カロリー 819kcal
 
税込み498円
 
ご馳走さまでした
 
美味しかったです
 
なんかイイネ
こういう企画
 
 
 
 
 
 

|

« セイロ酒家「五道口(ウータオコウ)」 | トップページ | 文化祭終わって、次は・・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか旨そう、しかも498円とは安い。
ところで「へしこ」って何ですか?
・・・と思って調べました。

へしことは、鯖に塩を振って糠漬けにした郷土料理、および水産加工品。
若狭地方および丹後半島の伝統料理で、越冬の保存食として重宝されている。現在では若狭の特産品・土産物として、漬け込む魚の種類も「鰯へしこ」「河豚へしこ」などが加わり、京都を中心とする関西圏で親しまれている。 ぬかを軽く落とし火であぶったものはお茶漬けや酒の肴に良い。新鮮なものであれば刺身で食べることもできる。
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり「へしこ醤油」=「ひしお醤油」なんですかね?

投稿: umeG | 2009年11月 1日 (日) 01時22分

umeGさん

> 「へしこ醤油」=「ひしお醤油」なんですかね?

結論からいうと違います

ひしお醤油は、たしか、、、魚介類などの発酵食品から生成する醤油のことで他にも「うにひしお醤油」とかアリマス
何度か「うにひしお醤油の和風パスタ」をいただいたことあるんですけど磯の香りがしてとても美味しかったです!!

本当は「へしこ醤油」ではなく「へしこのひしお醤油」と書かなければいけなかったんですネ
すいません、ややこしい話で。。。


> ところで「へしこ」って何ですか?

詳しく調べていただいてアリガトウございます
父が若狭出身なもので、子供の頃から嶺北に住んでいる割には口にすることが多いんで

あっ、でも子供の頃は嫌いでした
なにしろ塩分がキツクって、、、
食えませんでした

でも、大人になると、、、ソレがいいんですね!?

種類もあるしオイラはお茶漬けが好きです

家族では、、、父とオイラの2人くらいかな、、、食べるの。。。

小浜線に乗車の際は一度お立ち寄り下さい(笑)

投稿: とのした太郎@福井 | 2009年11月 1日 (日) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セイロ酒家「五道口(ウータオコウ)」 | トップページ | 文化祭終わって、次は・・・ »