2008年6月26日 (木)

ツバメが巣立ちました

P

毎年、ツバメが来てくれます

来始めてから何年くらいでしょうか

なにしろ、毎年同じ家族が来てくれているようです

 

今年の子供は6匹

毎日親が巣に戻ってくるとピーチクパーチクとうるさいです

 

 
 
 
6

奴らもエサを食べるために場所取りが大変なようです

巣の一番手前に陣取り、一番多くエサをもらっていそうなやつがガタイもデカく、オイラは「ジャイアン」もしくは「次郎(我が次男の名前)」(仮名)と呼んでいました

そして陣取りにいつも失敗し、後ろの方で人間を見ると震えているのが「一郎(我が長男)」(仮名)

こっそり覗いては「こら一郎、もっと前に出なさい」とか心の中で叫んでました(笑)

人間の一郎(仮名)もそんな奴です

    詳しくは下記まで・・・
    ハラショ!LAND「 器の大きさ その1」

親ツバメもわかっているのか、エサをあげるときチョイとジャイアンをよけて奥の方に運んでやります(笑)

どうにかこうにか一匹を除いて順調に育ってくれました

その一匹は残念ながら巣から落ちてしまいました

 

昨日、巣立ってしまったようで、巣から落ちてしまった子が「一郎」かどうかはわかりませんが(次郎ぢゃないと思う)、なんかようやく落ち着いて車が停められるのかと安堵しているような・・・寂しいような。

近々、洗車してからガレージに入れたいと思います

 
 
 
 
  

He_6なるほど って思われた方は「へぇボタン」クリックをお願いします (人気blogランキングへ)

| | コメント (4)

2007年9月 5日 (水)

門柱 , want you.

まぁ~ホント久しぶりですワ

 

あれは忘れもしない先週の中頃

 

P1000185 珍しく子供達と同時刻に家を出ようとしたお天気のいい朝でした

家を出るとスグに門柱があるのですが、そこに黒い虫が1匹

虫には敏感なオイラなので(笑)見てみるとそこには黒光りしたクワガタのオスが1匹

「子供達と一緒」とはいえ靴を履いて出てくるまでに少々時間がかかりそうな雰囲気

(逃げちゃうっ!!)

と思った瞬間、右手はクワガタを捕まえていました・・・。

「息子・愛」ですワ

 

思えば息子が昆虫好きになってから早数年

カブトムシ捕り出かけても1匹も見つけられずに、内心ホッとしたオイラ

お庭でセミ捕りやトンボ捕りをしても「網からカゴに移すのは君たちの仕事」と難癖をつけ、逃げていたオイラ

でしたが、夜行性の逃げやすい昆虫が朝、逃げそうにしていれば「愛のチカラ」でつかむことが出来るのです(笑)

 

ホンマ、数年ぶり

いや、10数年ぶりでしょうか・・・手にもったのは  > 昆虫 (しかも黒光り)

 

難なく捕まえたクワガタを長男に渡し得意げに「どーだー、お父さん捕まえたんだぞぉ~」と自慢しました

もう既に4匹ほど知人達に頂いた虫たちが家にいたのですが喜んでくれて、とのしたパパも得意げです

 

そこへヒイ婆ちゃんが現れ「あらっ、あんたが捕まえたの?そっちに居たから(子供達が見つけるだろうと)門柱に付けといたのに・・・」と。。。。

(捕まえたらカゴに入れろぉぉぉぉぉ~)

と思いつつ会社へ向かいました

 

「愛」・・・それは果てしないパワーを秘めた掛け買いのないモノ

 
 
 

えっ?

クワガタの写真?

ごめん

門柱だけで勘弁してください

 

以上、虫嫌い とのした太郎 の爽やかな朝の出来事でした~(泣)
 
 
 
 
He_6いつも最後まで読んでいただいてありがとうございますっ!! なるほど って思われた方は1日1回 「へぇボタン」 をクリックしていただけると幸いです。よろしくお願いします (人気blogランキングへ)

| | コメント (2)

2006年7月 7日 (金)

お父さんの秘密

これは 我が家の子供たちには絶対秘密なんだけど・・・
実はオイラ、大の虫嫌いなんです

まぁ、虫が嫌いでもオイラの人生においてたいして困りはしなかったんだけど、こと「強いお父さん」を演じるにあたっては大変な弊害になる

昨今
SEGAの「ムシキング」等、小学校低学年の男子にとって「虫」は絶対的な人気がある
でも、子供たちのスーパーヒーロー「お父さん」が「虫」ぐらいを怖がるというのは絶対マズイ
「スーパーヒーローが怖がるグロテスクな生き物」・・・
子供も虫嫌いになっちゃうでしょう
だから子供の前では絶対虫を怖がらない、どころか、「虫好きお父さん」で通っている

一昨年、ショッピングセンターのカブトムシ展の体験コーナー
網に囲まれた広いスペースに・・・何百匹ものカブトムシ。。。
凄まじい迫力に子供たちも最初ビビッてた
「遊びな~」といっても手に取ろうとしない
奥さんはその部屋に入るだけでイッパイイッパイ
仕方がないのでカブトムシにメチャ近づいて指をさしたり撫でるそぶりをしたり(さすがに触ることは出来ません!!)してやっと遊ぶようになった

去年は、お婆ちゃんが「虫好きの孫」にツガイのカブトムシを買ってきてくれた
オスはすぐ死んじゃったけどメスは長生きしてた
さすがにオイラ達夫婦は面倒が見れず爺婆に任せたが、見たくないカブトムシを子供と眺めた(メスのカブトムシなんてでっかいゴキじゃん)

そういえばこんなこともあった
雑誌の懸賞に当たったらしく、家にかなり大きな荷物(ティッシュペーパ箱程度)が送られてきた
嬉しそうに子供達と開けたら ドデカ・リアル・クワガタ がでてきた
もう家族中オイラをみて苦笑い
でも一緒に遊んだよ(~o~;)v

そして今年
いよいよオイラ達親子は「カブトムシ狩り」に行く
去年約束したんだよな~
つらいな~
でもがんばるしかないんだよな~

いつもなら・・・インターネットのどこぞのサイトから関連の写真やら絵を取ってくるんだけどこの話題ばかりはそんな馬鹿げた事はしないぞ!!
以前デジカメのカタログをめくっていたらA4サイズ1ページにデカデカとセミの写真があり、驚いた表紙にカタログを放り投げてしまった
まさか自分のブログに昆虫の写真をはることは今後もないだろう。。。

ということで「スーパーヒーロー」は日々頑張りますっ

He_6なるほど って思われた方は「へぇボタン」クリックをお願いします (人気blogランキングへ)

| | コメント (0)