2011年5月26日 (木)

SEXについて考えた


SEXについて考えた

SEXについて考えた 
CSでゲスト出演してインタビューを受けているのをみて読みたくなりました
 
 
 
 「それでも花は咲いていく」  前田健 著
 
 
 
9本の短編小説によるオムニバス作品です
 
それぞれの作品にまったく違う変態が主人公として描かれています
 
いずれもに対する変態
 
変態特有の表現もあって調べないと意味がわからない人もいるでしょう・・・
 
オイラ、一部の方に変態と呼ばれていますが、、、
これを読んでいるといかに自分が普通のどノーマル人間かということがわかります
 
確信しました
 
かといって共感できないわけではない
 
そのあたりの表現が秀逸で、気軽に入り込める世界観なのかなぁと思います
 
内容はほとんどSEXの話なのに不思議と欲情しない
 
一晩で一気に読めておもしろい
 
小説や映画って普段体験できないシチュエーションを体験できるアトラクションのようなモノだと思うんですよね
 
そーいった意味ではこの作品、今まであまり乗車したことのないアトラクションでした
 
オススメします
(映画も公開されています)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

| | コメント (2)

2009年11月 4日 (水)

・・・ではでは。

口癖 というか 書き癖 というか・・・

人それぞれ、いろいろな癖がありますが、オイラの文章にもケッコーあったりすると思われます

 

まずは冒頭にも登場した「・・・」
そして「、、、」 「。。。」

「・・・」「、、、」は「尻切れトンボ」的というか「声細」というか・・・

ちょっと含みをもたせながらの改行に使ってます

この「点3つ」というのに深い意味はありませんが
あえて言うならば高校生の頃によく読んでいた「新井素子」さんへのオマージュ(笑)でしょうか

新井さんのデビュー作「あたしの中の・・・」が「点3つ」なんです

一応Wikipediaで調べるとタイトルは『あたしの中の……』ってなってますね
おかしいな~?
まぁ、でも、他のサイトでは「点3つ」なので間違いないはず

ということでオイラの文章では必ず「点」は「3つ」になってます

 

ついでに言っておくと、、、

よくコメントで

「そうですね~

      ではでは」

ということで最後に「ではでは締め」(今、命名!!)をすることも多いのですが、これまた新井素子さんの影響(?)です

新井さんの作品読み終わった最後にある「あとがき」

新井さんの場合短編並に長いんですがこれの最後の締めが「ではでは」なんです

 

今日は・・・

どーでもいい内容だったな

 

ではでは(笑)

 
 

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

今日は(も?)講習会

今日は(も?)講習会

 
 
今日から2日間コースの講習会です
 
 
 
自立できるテキストってスゴイ
 
700ページだってさ〜(泣)
 
 
 
ちなみに講師は くりぃむしちゅー の 有田似
 
 
ぢゃ、そろそろ始まるんで
 
.

 
 

 

 

 
 

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

慰安旅行・台湾 (17)「番外編・ビビアン・スー『我愛TAIWAN』」

慰安旅行・台湾 (9)「DAY2・地下鉄で士林夜市へ移動」

で話していた同僚の女の子が持ってきたガイドブックです

61pawsp723l_ss500_ 

ビビアン・スーの我愛Taiwan

   単行本: 157ページ
   出版社: ワニブックス (2002/03)
   ISBN-10: 4847014332
   ISBN-13: 978-4847014338
   発売日: 2002/03
   寸法: 18 x 14.8 x 2 cm

 

確かに、オイラにとって台湾はマッタク知らない国でした

が、

 ASUS
 Acer
 GIGABYTE

と聞けばPC自作時代、よく使っていたマザーボードメーカ

そしてビビアン

最近はいろいろあって大変なようですが、そんな彼女が、台湾人だからこそ・日本人をよく知っているからこそ書くことの出来た1冊といっていいでしょう

 

彼女のファンも、そうでない人も、この本に綴じ込んである彼女の写真とともにプチ旅行をすれば、いきなり台湾通(言い過ぎ)です

 

残念ながら旅行前に読むことは出来ませんでしたが、旅行中同僚に借りて次の日の計画を練ったものです

帰ってきてからは是非次回の参考にしたいとAmazonで1clickしてしまいました(笑)
必要になるのは何年後でしょう(笑)

 

お世話になった本ですし、一言ご紹介しておきます

 
 
 
 

He_6なるほど って思われた方は「へぇボタン」クリックをお願いします (人気blogランキングへ)
 
 
 
☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡
 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡

    平成19年度 慰安旅行 「台湾」 シリーズ

   (1) 「DAY1・序章」
   (2) 「DAY1・初日観光 龍山寺&中正記念堂」
   (3) 「DAY1・ディナー・點水楼」
   (4) 「DAY1・夜食・屋台」
   (5) 「DAY1・梅子清茶」

   (6) 「DAY2・野柳 女王岩」
   (7) 「DAY2・九分 ランチ」
   (8) 「DAY2・九分 花文字」
   (9) 「DAY2・地下鉄で士林夜市へ移動」
   (10) 「DAY2・士林夜市 1店舗目」
   (11) 「DAY2・士林夜市 2店舗目」

   (12) 「DAY3・故宮博物館」
   (13) 「DAY3・忠烈祠・台北101」
   (14) 「DAY3・台湾料理「欣葉」+α」
   (15) 「DAY3・買い出し」

   (16) 「DAY4・帰国・総評」

   (17) 「番外編・ビビアン・スー『我愛TAIWAN』」

 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡
☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡
 
 

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

「くじらぐも」光村1下

うちの子は1年生

最近うちに帰ってきても宿題をなかなか始めないので困っています

宿題は「プリント」「かきとり(漢字の書き取り)」が主なんだけど「おんどく(音読)」ってのもあります

「こくご(国語)」の教科書を家の人の前で発表して「よみました」印をもらうんだけど、これがなかなか楽しい

Dvc00081 先日読んでもらったのは写真の「くじらぐも」

(おぉ~これはオイラが小学生のときも
                    あったやつじゃないか~)

とちょっと嬉しくなってしまいました~

お話の最後では、ジャングルジムに登り「くじらぐも」を見送ります

なんてことないお話ですが、同じお話でわが子が勉強しているのはうれしいものです

Ko001 学年があがっていくうちに「スイミー」や「スーホの白い馬」や「チックとタック」が出てくるのかと思うと今から楽しみですっ

 

 

 

 

 

He_6なるほど って思われた方は「へぇボタン」クリックをお願いします (人気blogランキングへ)

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

ちょっと「生協の白石さん」を読んでみました

Siraishi 「生協の白石さん」
有名な本なので知っている人も多いと思います

年間読破冊数1未満のオイラには大変読みやすかったw

あまりないシチュエーションですが、客先で待ち時間があり、しかもまわりに選べるだけの本があったので手に取った一冊でした

-

■出版社 / 著者からの内容紹介
東京の西に、なんでも答えてくれる人がいる。心温まる、人と人とのコミュニケーション「生協の白石さん」単行本になって登場!!

東京の西、多摩地区にある東京農工大学。この学校の生協で働く職員、白石さんが今各メディアの注目を集めています。『一言カード』という質問、要望コーナーで行われる楽しいコミュニケーション。どんな問いでも一生懸命に答えてくれる白石さんの姿は共感を呼び、白石さんはとんでもない人気者になってしまいました。この白石さんと学生たちのやりとりの記録が満を持して本になります。本には厳選された「一言カード」と、白石さん自身による解説が収録。単行本『生協の白石さん』、お見逃しなく。

-

学生時代って世界が物凄く狭くって、学生協の掲示板なんて本来ニュースになるような媒体ではないはず
でも、そんなことまでかインターネットで盛り上がっただけで本になってしまうところに、このインターネットの凄さと恐さが感じられます

通例の会社朝礼でも、一個人のblogが取り沙汰され、まったくクワバラなご時世になったものです

このblogも極小的であっても悪い意味で話題にならないよう気をつけたいと思う今日この頃です

「生協の白石さん」
http://www.amazon.co.jp/u1fS5406ev7dwf3055093-%E7%99%BD%E7%9F%B3-%E6%98%8C%E5%89%87/dp/4062131676/sr=8-1/qid=1162180049/ref=sr_1_1/250-9331694-0253854?ie=UTF8&s=books

He_6なるほど って思われた方は「へぇボタン」クリックをお願いします (人気blogランキングへ)

| | コメント (0)

2006年2月26日 (日)

ゲンキーでギョ!!

03cover_1  今日、ゲンキーに買い物に行ったのですが雑誌コーナーが充実してました
以前より2倍ほどのスペースになって種類が多くなったみたい
素通りしようと思っていたのですが、ある本に目がいって立ち止まってしまいました

初めてレイザーラモンHGを見たとき(こいつオモシレー)と思ったと同時に(ゴールデンタイムは無理だな(^_^;))と思っていました
しかし最近の活躍はご存知の通り、ゴールデンはもちろん、紅白からもオファーが来る始末。
まぁ百歩譲ってそれは許しましょう。
でも、、、「小学5年生・表紙」はマズイだろ。1人で写ってるぞ。。。
しかもタイトルを見てみると「大人最終回!レイザーラモンHGの1・2・3・フォー!!!!!」
・・・意味がわからん(~_~;)。
記事を見ると「男子よ!腰フリは人生で一番大事!オ~ケ~?オ~ケ~!」
ヲイヲイ、5年生相手だよな( ~ ~)
「ハードゲイの意味?ゲームのキャラみたいなもん!」
「女子は今も昔もコワイ!でも何度もフラれました~」
と続く。
基本、ゲイだぞ・・・マズくね~

ということで「ギョ(^◇^;)」

03special_hg

| | コメント (0)